夕張の今の風景をお届けします。

Menu

旧南清水沢駅

現在の駅舎正面

ホームから

ホームから

1962(昭和37)年に、同じ夕張線の旧十三里駅とともに、国鉄夕張線では最も遅く設置された旅客駅です。旧清水沢駅と旧沼ノ沢駅間の中間駅であります。
以前の旧南清水沢周辺は農地の広がる農業地域でしたが、戦後に市営住宅などが建てられるようになって人口も増加し、新駅としてこの駅が設けられました。
1967(昭和42)年に業務委託化され女性の駅員や駅長が駅務を担って評判となりました。1984(昭和59)年に簡易委託駅となり、2019(平成31)年、JR夕張支線の廃止に伴い駅の歴史を閉じています。

現在は廃止された駅舎の中で、蕎麦の専門店「そば天国夕張店」が営業しています。

住所 北海道夕張市南清水沢1丁目
お問合せ先 夕張市地域振興課地域振興係 TEL:0123-52-3128
マップコード 700 226 847*70